雲母書房
コラム

〈 略 歴 〉
1947年 京都市生まれ。
1970年 大阪府枚方市の中学校に社会科教員として勤務。以来、中学校5校で、38年間の教諭生活を送る。
2008年 3月 定年退職。
2012年 3月まで、教育専門員として中国にルーツをもつ子どもや不登校の子どもの支援に携わる。

〈 現 在 〉
関西大学文学部非常勤講師(教育実践論)
NPO法人ひらかた人権まちづくり協会電話相談員


1〜5件(全66件) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次の5件
教師は現場で「教師」になる
2015/12/25
 1970年4月、ぼくは初めて教壇に立った。卒業したのは法学部。時は“政治の季節”で、キャンパスは封鎖され、教職単位はレポート提出で取得。ただ、時代の空気を吸った「我流教育論」だけを身に着けた新米教師であった。

「配慮」考
2015/11/27
 ある自治体の職員人権研修の講師を頼まれた。早速、レジュメを送ったところ、しばらくして担当者から「受講者の中に視覚障がい者がいるので、絵を見て考えるワークショップは変更してほしい」という連絡がきた。

ミオと2つの卒業
2015/10/27
 講演に向かおうと、駅の改札口を入ったところで、一人の赤ん坊を抱っこした若い女性がこちらを見ているのに気が付いた。「きっと教え子だろうな。誰だろう」と思って歩みを止め、じっと見てみると、それはミオだった。

やたら「男」を強調するスポーツ報道
2015/09/28
 最近、スポーツ中継などで、アナウンサーや解説者が男性アスリートを「〜の男」というように、やたら「男」を強調する傾向が強まっている気がしてならない。と思っていたら、先の世界陸上でも案の定だった。

学校現場と反知性主義
2015/08/25
 「これって反知性主義かも」−ある研究会で講演した後、「振り返りカード」を読ませてもらって一番に感じたことであった。中に「理論」を「役立たないもの」のごとく捉えていると思われるものがあったからだ。

1〜5件(全66件) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次の5件


Copyright(c)2007 KiraraShobo Ltd.All Rights Reserved