雲母書房
書籍詳細

施設職員のための介護記録の書き方 ステップアップ編

梅沢佳裕 【著】
1,800円(税込:1,944円)
ケアプラン
B5判 / 並製
112頁
2010年03月30日
978-4-87672-285-3
4-87672-285-4


食事・排泄・入浴・認知症者との関わり……etc.
介護場面ごとのBefore→Afterをていねいに紹介。

第1章 介護スタッフが徹底したい記録のイロハ
1 記録のイロハとは何か
2 何のために記録を書いているの
3 書いた記録をどう活かすか
4 活きた介護記録を書くために必要なICF/ストレングス視点
5 ICIDHのマイナス視点とICF のプラス視点
6 生活機能の相互作用
7 ストレングス視点で関わる

第2章 介護過程に沿ったICF介護記録の書き方
1 ケアプランを意識して記録を書こう
2 アセスメントから記録作成までのプロセスコード
3 ケアプランと現場をつなぐICF 介護記録
4 特養ホームの入所者 昭雄さんの事例
5 通所介護の利用者 次郎さんの事例
6 グループホームの入所者 花子さんの事例

第3章 ケアプランに連動した介護記録の整理・分析方法と観察視点
1 観察から得られた情報を整理する
2 食事場面の介護記録
3 排泄場面の介護記録
4 入浴場面の介護記録
5 レクリエーション場面の介護記録
6 認知症の方の介護記録

第4章 ケアプラン周辺の間違えやすい介護記録
1 他利用者との人間関係の記録
2 睡眠・夜間巡視の記録
3 認知症と行動障害の記録《幻覚》
4 認知症と行動障害の記録《徘徊》
5 介護を拒否されたときの記録
6 急変対応をしたときの記録
7 転倒事故が発生したときの記録
8 ヒヤリハット(インシデント)の記録
9 実践から得られた情報の記録
10 観察から得られた情報の記録

次に活かせる介護記録の活用術




Copyright(c)2007 KiraraShobo Ltd.All Rights Reserved