雲母書房
書籍詳細

子どものトラウマ・セラピー
自信・喜び・回復力を育むためのガイドブック

しばらくお待ちください。
ピーター・リヴァイン、マギー・クライン 【著】、浅井咲子 【訳】
2,000円(税込:2,160円)
四六判 / 並製
288頁
2010年12月15日
978-4-87672-299-0
4-87672-299-4

「心と身体をつなぐトラウマ・セラピー」を見る

子どものセラピーに造詣が深く、2004年インド洋津波のあとタイに赴き、トラウマを受けた子どもたちへのグループワークに貢献した著者マギー・クライン。
保護者・教師・心理職・ソーシャルワーカー・医療関係者などに向けて、すぐ使える画期的なアプローチを紹介しています。
 
本書はピーター・リヴァイン博士が開発した安全で自然なトラウマ療法、ソマティック・エクスペリエンスのエッセンスを子どもに使えるようにまとめたものです。

まえがき―現代版おとぎ話―


第1章 人生におけるトラウマと回復力
5人の子どものトラウマ/トラウマはできごとそのものにではなく/トラウマへの道/回復力への道

第2章 感覚への気付きによって回復力を高める―ひたすら練習を繰り返して!
圧倒されている子どもに適切なサポートをする/回復力を培うための簡単なステップ/落ち着いた存在でいられるように/自分自身の感覚に親しむ/エクササイズ―感覚に気付く/エクササイズ―感覚を感じ振り子のリズムを探求する/エクササイズ―パートナーと一緒に感覚を追跡する/感覚の言語のアイディア集=^エクササイズ―感覚の宝箱を作る/トラウマを予防するための応急処置―ステップ・バイ・ステップガイド

第3章 遊び、アート、詩を使って、回復力を取り戻す
サミーのストーリー/子どもの遊びを解決へ導くための4つの基本/ごっこ@Vびを通して子どもを助ける/アート活動―粘土(または手作り粘土)、色ぬり、お絵かき/詩と絵を組み合わせて資源を作ろう

第4章 状況にあわせた対処法―遊園地の乗り物から動物に噛まれたときまで
事故や落下への応急処置/8つのステップによる応急処置のガイドライン/ショックを受けた子どもを助ける魔法のスキンシップ/子どもを落ち着かせ癒す言葉の力/エクササイズ―言葉の力を体験する/子どもが自信を取り戻すのに役立つ動物の詩/癒しのおはなしを作るために/医療トラウマを防ぐ/大人が子どもにできる手術や医療処置の前の準備/医療処置が緊急のとき/選択の余地のある手術/子どもの痛みに敏感になる/いじめや学校での銃乱射に関する考察

第5章 年齢と発達段階―健全な育ちを応援することで子どもに自信をつける
乳児の欲求に応える―安全と信頼の構築/幼児の欲求―「わたし(ぼく)がやるの!」/わんぱくざかりの3歳、4歳とのかけひき=^4歳から6歳の少年・少女の恋の練習/思春期の課題―私は何者なの?

第6章 性被害―リスクの軽減と早期発見に向けて
性被害によるトラウマの症状/性被害のリスクを軽減するために/性的な暴行とは何か?/大人ができる防止策/よい境界を築けるよう子どもにさせたいゲーム/デートレイプと青年期

第7章 別れ、離婚、そして死―悲嘆のプロセスを子どもが乗り越えられるように支える
グリーフの症状とトラウマの症状/離婚をどう捉えるか? バラ色、それとも闇?/離婚を乗り越える―子どもの心と身体の健やかさを保つ/子どものグリーフを手助けする/ペットの死を乗り越える/グリーフからさよならへ/エクササイズ―グリーフからさよならへ

第8章 地域にゲリラ戦を起こそう―子どもを恐怖から守るためのほんものの戦い
病院や診療所の改革モデル/家族中心志向の小児病院/地域での危機介入/学校での新しい緊急支援

注記/参考文献/補足情報/機関情報




Copyright(c)2007 KiraraShobo Ltd.All Rights Reserved